2019年公認会計士試験論文式試験の合格発表!今後のキャリアはどうする?

2019/11/14

2019年公認会計士試験論文式試験の合格発表!今後のキャリアはどうする?


2019年11月15日の今日、公認会計士試験論文式試験の合格発表がありました。 論文式の受験者数〇〇人、合格者〇〇人、合格率〇〇%という結果となりました。

公認会計士試験論文式試験に合格された方、おめでとうございます!
また今回残念ながら不合格だった方も、本当にお疲れ様でした。
引き続き受験を続ける方も、別の道に進む方も、これまで勉強してきた会計知識、論理的な思考力は、今後のキャリアに大いに役に立つと思います。

2019年公認会計士試験の合格結果

2019年公認会計士試験の合格結果ですが、合格者〇〇人・合格率〇〇%でした。
2018年の合格結果と比較すると合格者は〇〇人減少or増加し、合格率は〇〇%down or upになりました。
下記に願書提出者数から合格率まで、まとめたデータを記載していますので、ご確認ください。

平成30年試験(2018年) 令和元年試験(2019年) 差異
願書提出者数 11,742人
短答式試験受験者数 10,153人
短答式試験合格者数 2,065人
論文式試験受験者数 3,678人
最終合格者数 1,305人
合格率 11.1% % %

公認会計士試験結果の推移

今年を含めた過去5年間の公認会計士試験結果が下記表になります。

平成27年度(2015年) 平成28年度(2016年) 平成29年度(2017年) 平成30年度(2018年) 令和元年度(2019年)
願書提出者数 10,180人 10,256人 11,032人 11,742人
短答式試験受験者数 8,620人 8,644人 9,416人 10,153人
短答式試験合格者数 1,507人 1,501人 1,669人 2,065人
論文式試験受験者数 3,086人 3,138人 3,306人 3,678人
最終合格者数 1,051人 1,108人 1,231人 1,305人
合格率 10.3% 10.8% 11.2% 11.1%

公認会計士試験の受験者は年々増加傾向にあります。
特に平成29年を境に大きく数値を伸ばしています。受験者数が増える中で、合格率も増加しているため、最終合格者が大幅に増えています。
現在、公認会計士協会に登録している公認会計士人数が31,739人(2019年10月31日現在)。その多くが監査法人に勤務していますが、ここ最近一般企業に勤務するインハウス会計士も徐々に増加しております。
公認会計士が増える中、就業先も多様になっているといえるでしょう。

公認会計士試験論文式合格から公認会計士になるまで

公認会計士試験論文式に合格された方たちが公認会計士資格を得るためには、

  1. 実務経験の期間が2年以上であること
  2. 補習所に通学し、必要な単位を取得すること
  3. 修了考査に合格すること
上記をクリアし、公認会計士名簿に登録すれば公認会計士になれます。

業務補助は、試験合格の前後に関わらず、監査法人または企業経理にて経験を積みます。
実務補習は、実務講習所にて講習を受け、必要単位を取得します。
修了考査は、実務補習の修了試験になります。合格率は、平成30年で56.1%です。

詳細は、こちらをご確認ください。
公認会計士の登録に必要な実務経験とは?https://www.jmsc.co.jp/knowhow/topics/11714.html

多くの方が3年を目途に上記3つをクリアすることになるので、今回合格された方は最短で令和4年以降に公認会計士として登録が可能です。

公認会計士のキャリアプラン

公認会計士の多くは、監査法人に勤務し、キャリアアップを目指します。
監査法人には、Big4と呼ばれる大手監査法人があり、ナショナルクライアントやグローバルに展開している企業の会計監査を担当しています。
そのほかにも準大手~中堅監査法人、中小監査法人など様々な規模感または特徴があり、何をやりたい・どういう風になりたいかによって、選択すべき監査法人が見いだせると思います。
参考ページ:
公認会計士に合格後、監査法人に就職するための面接対策、志望動機などhttps://www.jmsc.co.jp/knowhow/topics/11596.html
監査法人の年収は? BIG4と中小の監査法人、役職や年齢などで比較https://www.jmsc.co.jp/knowhow/topics/11594.html

また最近では一般企業の経理・財務で就職・転職することもあります。
監査法人よりも年収は低いところが多いですが、ワークライフバランスが良く、福利厚生も整備されているので、働きやすさを求めている公認会計士に人気です。
参考ページ:
公認会計士が歩む経理のキャリアとは?https://www.jmsc.co.jp/knowhow/topics/10764.html
監査法人から企業経理へ転職するためにはhttps://www.jmsc.co.jp/knowhow/topics/11563.html

公認会計士試験論文式試験が不合格だった場合の選択肢とキャリア

公認会計士試験が不合格だった場合の選択肢としては、2つあります。

  • ①再受験して公認会計士を目指す
  • ②公認会計士を諦めて働く

①「再受験して公認会計士を目指す」については、今回の回答結果や問題を見直し、間違えた箇所を早急に復習しましょう。また公認会計士試験はとても難しい試験です。そのことを再度認識し、どうすれば合格するのか戦略を練ってください。
もしかしたら今まで通りの勉強法やスケジュールでは、厳しいかもしれません。
一発合格した人の平均勉強時間は、3,664時間です。
公認会計士試験を一発で合格された方が3,664時間勉強しているのに対して、もし少ないのであれば、勉強時間を増やすことを検討してみてください。
上記の様に、合格した方と比較し、自分ができていない点を見つけられれば、合格への道筋を立てられるかもしれません。

②「公認会計士を諦めて働く」については、様々な選択肢があります。


会員登録すると、キャリアのご相談や非公開求人のご紹介、履歴書の自動生成などの様々なサービスをご利用いただけます。

会員登録すると、キャリアのご相談や非公開求人のご紹介、履歴書の自動生成などの様々なサービスをご利用いただけます。

初めてご訪問の方へ

管理部門特化型エージェント No.1
MS-Japanのサービスをご覧ください!

セミナー・個別相談会

【大阪】電話相談/土曜も開催!2019年中には転職したい方向け個別相談会 【東京】20代。現職を続けるべきか迷っている。30代に向けて飛躍する為の個別相談会 【横浜】電話/土曜相談OK!地元で働きたい方必見!神奈川県に特化した求人特集 個別相談会 【名古屋】いつかは転職したい。転職を中長期で考える方向け個別相談会 【大阪】税理士試験後に優良事務所へ就職だ!会計事務所就職フェア2019 【名古屋】税理士試験後に優良事務所へ就職だ!会計事務所就職フェア2019 【横浜】税理士試験後に優良事務所へ就職だ!会計事務所就職フェア2019 【東京】税理士試験後に優良事務所へ就職だ!会計事務所就職フェア2019 【名古屋】Best Professional Firm 2019受賞事務所への転職相談会 【大阪】Best Professional Firm 2019受賞事務所への転職相談会 【横浜】Best Professional Firm 2019受賞事務所への転職相談会 【東京】Best Professional Firm 2019受賞事務所への転職相談会 ≪司法試験受験者対象≫早期に企業へ就職するための就活セミナー! 【大阪開催】≪司法試験受験者対象≫早期に企業へ就職するための就活セミナー! ≪法科大学院修了生・在学生対象≫初めての就職活動に向けた個別相談会 【東京】他業界から会計事務所にキャリアチェンジを考えている方向け個別転職相談会 簿記試験合格後のキャリアを考える!個別相談会

キャリア診断

アドバイザーが直接あなたの可能性を診断!